FC2ブログ
in エアロビクス

分析⑦ エアロビックでアラベスク

-0 COMMENT
アラベスク


ルーティンにバレエの要素がちょこちょこ入ったりしますね✨

そんな時は必ずバレエの先生に聞きます。

動きの基本

どうしたら大きく綺麗に見えるか?

どうしたらスムーズに移動できるか等。

専門家に聞くのが一番早くて確実!

そして教えてもらった事を基にエアロビックの音楽に合わせて動いてみて

動きと動きの繋ぎがスムーズになるように練習。

結構色々こだわってやってるんですよ(笑)

さて、さてルーティンに入っているアラベスク。

まずはしっかり体重を乗せる。

ポテンシャル的には片側の骨盤と肋骨を遠ざける動作になります。

立って行った場合には片脚にしっかりと体重を乗せることができます。

片側の骨盤と肋骨を遠ざけると反対側は自然に間が狭くなります。

反対側の骨盤の位置に合わせて脚を上げると自然な感じになるのですが・・・

脚を上げることに意識が向いていると、体の繋がりがみえなくなってどうもチグハグな感じに見えてしまいます。

意識をあげる脚ではなく、体重を乗せる側の骨盤と肋骨を遠ざける動きに向けると無駄にお尻の筋肉を収縮させなくてもす
むので、無駄な動きが少なくなり省エネにもなるなぁと私は思っています

体重がしっかりと乗っていれば、伸びた後、軸足の足首、膝、股関節を曲げて床を押せるので次のパッセへの移動が大きくスムーズになりますよ。

効率の良い動きにするためのトレーニング





0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment