in ボディポテンシャル

動きの連動性

-0 COMMENT
28379375_1547823721998606_1986007647174802543_n.jpg


先日の全国大会の後、日本エアロビック連盟理事長の知念さんから「流れるように軽快で、同じルーティンでもこんなに違うものかと実感した」とお褒めの言葉をいただきました。

自分の中で、動きの連動性は本当に重視していて、体の繋がり、動きの繋がり、動きと動きの繋がり

ここが重要なポイントだと思っています。

目指すは省エネで最大のパフォーマンス。

体が連動している感覚をもってエアロビックの練習をする。

体の中からの動きは内側から出るエネルギーにもなります。

全てが繋がるんです。

エアロビックだけではなく、連動している感覚をもって、ダンス、マラソン、ゴルフ、その他のスポーツなどの技術練習をしたら、もっともっと可能性が広がるんじゃないかなぁ。

言ってることはわかるけど、なかなか感じられない意識できないという人も多いですが…

感覚を扱う、体の繋がりを感じる、それがトレーニングになります。

技術練習、ハードなトレーニングを行う前にボディポテンシャルトレーニング&フェルデンクライスメソッド。

凄く時間がかかりそうなトレーニングだと思われがちですが、実は一番の近道なんじゃないかなぁと思うのです。
0
  • Share

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment